女の子の画像の修正は良し悪し

フォトショップなどの画像編集ソフトが一般的になってきて使いやすくなることで、所属している女の子の写真を修正するのが当たり前になってきています。 しかし、かといって修正すればよいというものではありません。 利用者側から見れば、修正されているということは本人から離れていくということです。ちょっと肌の色を修正するとか、目の下のくまを消すとか、そういうレベルでしたら、女の子が接客態度で十分挽回できるでしょうから良い結果につながるでしょう。 ただ、目の大きさや鼻の形、顔の輪郭など、整形前と後くらいの違いになるほどの変更を加えている写真を見かけることもあります。ひどくなると、単純に、ネットから別人の画像を拾ってきたのではないかというくらいの違いがあるときもあります。 こうなると修正しているという事自体が悪い結果を生む可能性があります。 なぜかといえば、この子はこれだけ修正を加えているということになると、どうせ他の子の写真も大きな修正を加えているだろうから信頼出来ない、という発想になるからです。そのため、女の子個人ではなく、そのお店全体が信用出来ないお店ということになってしまうと、もう来てくれなくなってしまうでしょう。